名称未設定-2.png
S__12148768.jpg

​土地の登記・御相談

​土地の全体の一部分だけを売買したい場合や、相続発生

時に各相続人に土地を分けて相続させたい場合等

​目的に応じて、土地を分割する登記になります。

土地の一部の利用目的が変わった場合(土地の一部を

駐車場として賃貸することにした等)にも原則この登記

​が必要となります。

所有権が土地のどこまで及ぶのか、隣地所有者やその他の

権利者と調整する必要がございますので、原則測量と境界確定の作業が必須となります。

​詳しくは、測量のページをご覧ください。

22513339_m.jpg

​土地分筆登記

1817425_m.jpg

​土地合筆登記

​郊外地では小さい面積の土地が複数わかれて存在していることも多く、特に売買や相続時に以降の管理が煩わしいなどの理由で、数筆ある土地をひとつにまとめる登記になります。同じ地目でないと合筆できない、抵当権の設定状況による等、様々な法規制がございますので適切なアドバイスをさせて頂きます。

​土地地積更正登記

​分筆登記や現況の面積を知るために測量を行った結果、実測した地積が登記簿に記載されている地積と異なる場合に、地積を更正する登記になります。

登記簿の内容も変更されるとともに最新の地積測量図が法務局に備え付けられますので、中長期的な相続を見越して、または資産価値の把握のためにも非常に有効な登記でございます。

トリンブル2.jpg

その他、これまで畑で利用していた土地に自宅を新築した、複数の土地の地目を同じにする必要がある場合(前述の合筆など)には土地地目変更登記が必要になります。この登記は利用する用途が実際に変更されてから1ヶ月以内に申請する必要がありますので、注意が必要です。

なお、地目が畑や田といった農耕地である場合は、原則として事前に農地転用許可が必要となります。定められた都市計画に基づき、行政書士等を含めたお手続きが必要となりますので、適切なアドバイスをさせて頂きます。

また、土地としてまだ登記がなされていない国有地等の払下げを受けた場合には、土地表題登記が必要となります。

​トップページに戻る
2021 RTQ.inc All Right Reserved.